01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

    yochang official website

    CB600Fホーネットとリモコンジョグ96とカブ90

    CB600F:ホネ夫 in テクニクス 問題点、次々に発覚 

    前後サスのフルメンテ並びにスプリング交換のため、テクニクスにてよろしくチューニング中のホネ夫さん。途中経過をご報告します。


    預けているので写真はないです。









    まず、一番の問題点であった右側インナーチューブ。
    テクニクスではTNK製も勧めているようで、純正品が既に廃盤とか、手持ちのサスを金色にコーティングにしたいとか言う場合はむしろ最初っからTNKを選んだ方が割安だとか。
    調べたらホーネットにも該当の製品はあって、

    ゴールド:1本41,040円
    ブラック:1本41,040円
    クローム:1本24,840円

    でした。ちなみにWebikeで純正品の値段を見積もったら1本19,000円くらいでした。色を変えるつもりはないので普通のでいいからやっぱり純正に決定。てか片方だけ金色とかオチャメ過ぎるっしょw








    が、








    後日テクニクスから連絡。
    「左のインナーチューブにサビが・・・」




    なん・・・・だと・・・?




    ストロークするかしないかのフルボトム付近、いや多分ストローク範囲内。点サビは磨いてもしゃーない。再メッキか交換か。おいマジか!結局両側やんけ!けっきょく南極大冒険やんけ!!




    テクニクスが純正品の値段を提示してくれたところ、一本15,000円でした。お?意外に安い。再メッキするより安くね?・・・てことでまんまとテクニクスの術中にハマり、左右交換となりました。もうしばらくお時間いただきますということ。術中というかまぁ良心的と捉えましょうね。








    さらに後日テクニクスからTEL。
    「本日、作業を先行させようと思い、リヤショックを分解したところ
    ダンパーロッドに外観では判断できない個所に深い縦傷がありました。
    傷は15mmくらいあり爪でかかる深さです。」




    な、・・・なん・・・・だと・・・?




    まさかのリアサスにも裏切られる事態。ホネ夫、結構重症でした。ダンパーロッドの再メッキは外注で通常1ヶ月~半くらいの納期だそうで・・・。担当曰く、度々こういうので納期と料金がかさんで申し訳なく、少し融通を利かせて早めてくれるような口ぶりだったけどどうだか・・・他に待ってる人のを差し置いてやるわけだから・・・




    既に予算オーバーで筆者も金銭感覚がわけわかんなくなってる次第。でもここまできたらやるしかねぇだろうよ!ってことでヤケになっております今日この頃でした。頼むからもう問題起きるなよ!

    こんな調子なので納車するのは早くても来月になるかなぁ。まぁどうせ今は忙しくて乗れないからいいんだけど。




    次回(多分)、納車・インプレ編。お楽しみに!
    スポンサーサイト
    2017/02/12 Sun. 18:50 | trackback: 0 | コメント: 10edit

    CB600F:ハイパープロ・コンビキット + 前後サスフルメンテナンス 準備編 

    ということで、前回の記事の箱の正体はこれ。




    IMG_0776r.jpg
    ハイパープロのサスペンションスプリング前後コンビキットでした。
    コンスタントライジングレートとかいうバネということです。・・・まぁ、その、なんだ・・・?


    すごくいいってことだw おれじゃ説明出来ないから知りたい人はココを見てくれ。




    そもそも今回のネタの発端はFフォークのオイル漏れ。これがねぇ~、直しても直しても漏れてくるんだわ。OHしても1年くらいでオイルが滲んでくる。持病です。不治の病。ホネ夫最大の不満要素。




    IMG_0778r.jpg
    現状の漏れ具合。日差しで見難いけどダラダラです。漏れ始めて2年くらい経ってるけど、去年の北海道ツーリングでとどめを刺した感じで、もうウエスを巻いておかないとブレーキとかホイールとかタイヤにオイルが垂れてきて危険が危ない感じ。2度OHしてこれだからもうインナーチューブ交換か再メッキしないとダメそうな予感。
    ちなみに漏れるのはいつも右側で、左は意外と大丈夫なんだよなぁ。




    あとは乗り心地の改善。改善というか向上というか。
    低中速でのゴツゴツ感がずっと気になってた。多分リニアレートによる初期動作の硬さ。高速ワインディングとかサーキットでようやく丁度良いレベル。逆車だからか高いスピードレンジに性質が寄ってしまっているのではと。ガタイの良い欧州人2人乗りでワインディングをぶっ飛ばす仕様なんでしょうか。そんなんで日本人1人が日本を走るんだからそりゃ合いませんわな。サスの調整機構もないし。
    そのくせ意外と限界が低いっていう。恐らく那須で大クラッシュしたのは、磨り減ったタイヤではなくFサスの容量不足という説も否めない。
    で、サスをオーバーホールするついでにスプリングも換えちゃおうというのが今回の企画。




    IMG_0780r.jpg
    リアは特に不具合は感じないけど、これもゴツゴツ感の緩和という意味で一緒に交換。交換するならオーバーホールもやろうということに。新車当時から考えてもう9年約4万キロ経ってるから遅すぎるくらいだ。
    ちなみにオーリンズも考えたが、FスプリングだけでRスプリングの設定がない。Rショックはあるけど知ってのとおりこれだけで10諭吉オーバー。だからFオーリンズ・Rハイパープロという組み合わせもアリか?と考えたが、オーリンズはシングルレートなので、調整機構がないホネ夫には無難に前後ハイパープロで決定。




    とりあえず前後サスOH。前後スプリング交換。インナーチューブ交換または再メッキ。
    以上の内容で正月明けにいつもの赤い男爵へ見積もりを貰いに行ったところ、ハイパープロの納期が7月とか言われてショックを隠し切れない筆者であった・・・




    そんなに待ってらんねぇよ。こちとら江戸っさいたまっ子よ!!てことで、自分で調達。普通にネットですぐ手に入りました。
    これを持ち込めばすぐ出来るな・・・・と考えたが、ここで悩める筆者に天からの啓示。

    「yochangよ、赤い男爵はバイクを買うところで直すところではない」

    修理という点でイマイチ信用出来ないのは確かに身に覚えがあるので、サスペンションのプロショップに持ち込むことにしました。








    IMG_0781r.jpg
    ホネ夫、テクニクスにドックイン
    2017/01/29 Sun. 19:39 | trackback: 0 | コメント: 4edit

    CB600F:2017年仕様に向けて 

    冬場はすっかり出番がないホネ夫。冬と春は忙しく、これから花粉の時期も来てしまうから、恐らく4月中旬まで冬眠状態が続くかな?多分。この時間を生かして以前から暖めていたネタを発動させてみようと思います。








    IMG_0775r.jpg

    乞うご期待
    2017/01/19 Thu. 20:25 | trackback: 0 | コメント: 2edit

    2016.12.15-19 沖縄2&4レンタルツーリング 

    師走だというのにヒマが出来たのでちょいと沖縄ツーリングしてきました。昨年12月の屋久島もそうだったけど、冬のロングツーリングは身体がもたないので、必然的に南の方に足が向くんですな。で、初の沖縄なわけです。




    oki_01.jpg
    すまぬ労働者諸君w

    あ、タイトルに「ツーリング」とありますが、基本レンタカーで1日だけレンタルバイクしたという話。なので2&4。写真主体のダイジェストでお送りします。








    那覇空港からまず首里城へ
    IMG_0677r.jpg
    IMG_0680r.jpg
    IMG_0681r.jpg
    IMG_0682r.jpg




    IMG_0683r.jpg
    沖縄そば食べて糸満市の沖縄県平和記念資料館へ
    館内はむごかった・・・




    IMG_0720r.jpg
    定番の美ら海水族館へ




    IMG_0693r.jpg
    ジンベイザメでっけぇ~




    IMG_0723r.jpg
    本場のゴーヤチャンプルー




    IMG_0726r.jpg
    おやつにサーターアンダギー




    IMG_0727r.jpg
    部屋広~い




    IMG_0739r.jpg
    眺めも良~い




    IMG_0733r.jpg
    恩納でバルカン400を借りた




    IMG_0732r.jpg
    古宇利大橋

    数日前にオスプレイが落ちたせいもあり、名護とか辺野古あたりは警備が物々しかった。ぶっ壊れたオスプレイ見れるかな~っと現場近くを通りがかったが、野次馬できる雰囲気ではなかった。よってスルー。




    IMG_0736r.jpg
    キャンプハンセン近くのキングタコス金武本店で




    IMG_0735r.jpg
    タコチキンフライライスチーズ野菜
    すんげーボリューム




    IMG_0743r.jpg
    国際通りでショッピング




    IMG_0740r.jpg
    宮古島の雪塩ソフト




    IMG_0745r.jpg
    マリオカートはこんなところにも




    IMG_0746r.jpg
    海中道路。ちなみにレンタカーはノート




    IMG_0751r.jpg
    浜比嘉島でシーサーと対面

    IMG_0752r.jpg



    IMG_0747r.jpg
    海青し




    IMG_0756r.jpg
    最後にひめゆり平和記念資料館へ
    やはりむごかった・・・
    でも沖縄行くなら一度は行って欲しい場所だね







    昨年から離島に行く事がずいぶん増えた。佐渡島、屋久島、利尻島ときて沖縄本島。沖縄では平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島、屋我地島、古宇利島、奥武島と巡った。まぁこれはいずれも本島から橋で渡れる島。
    当初の予定では沖縄から与論島(鹿児島県)という海の超絶綺麗な島にフェリーで渡って一泊しようと考えていたのだが、天候不良により断念。沖縄に着いて2日くらいは関東で台風が来た時くらいの強風が吹き荒れてて寒いし、急に土砂降りになったりしてバイクどころじゃなかった。




    IMG_0737r.jpg
    レンタルしたバルカン400はこれがまた意外に乗りやすくてね。だいぶ前に初めて乗ったハーレーがすんげー乗りづらく、このジャンルに苦手意識があったのだが普通のアメリカンはこんなにも乗りやすいものだったとは。あのハーレーはメーカーカスタムの特殊なポジションだったせいだな。バルカンは尻は痛くなったけど腰は無事だった。これからのバイク選びに新たな可能性を感じてしまうなぁ。




    IMG_0755r.jpg
    これにて終了。また来年!
    2016/12/29 Thu. 18:00 | trackback: 0 | コメント: 2edit

    カブ90DX:LEDサブライトをくっつけた 

    点いてんだか点いてないんだかよく分からんレベルのカブのヘッドライト。マジで暗い。暗すぎる。危険が危ない。レーシックしてから暗所がビビるくらい見えづらくなってるので、ただでさえ見え辛い夜間走行だが、雨も降ってて対向車のライトが眩しかったりすると目の前真っ白。ほぼ勘で走ってる(笑)いや笑えねぇんだ。もうやらないけど、ミラーシールドなんてしてたらガチのガチで闇、リアルガチで目を瞑って走ってるのと同じ。




    なもんで、是非ともカブのライトを明るくしたく、この度立ち上がりました。やっぱ時代はLEDヘッドライト。でもカブのライトケースは狭い。角目カブならなんとか加工すればあるいは?といった雰囲気だが、丸目カブはほぼ隙間なしのギッチギチ。LEDヘッドライト化は物理的にインポッシブルかなと。ハロゲンヘッドライトなんて俺には焼け石に水なので論外。そんじゃあ別で補助灯をつけるしかない。




    IMG_0761r.jpg
    色々と検討した結果、密林でXML-T6 超高輝度LEDを入手しますた。チャリンコ用でしょうね。もしくは頭につける用。専ら明るいと評判のアメリカ製CREEチップだそうで、1200ルーメンという明るさ。(ホントにそんなに明るいんか・・・)




    IMG_0764r.jpg
    決め手はUSB電源が使えるってところ。面倒な配線の必要なし。そしてうちのカブはこないだUSB電源をつけた。さらに、こんなこともあろうかとUSBポートが一個余っている。てかこの為に2ポート仕様にしたといっても過言ではない。




    IMG_0766r.jpg
    場所は悩んだ末ここに。チャリ用なだけにハンドル固定用にRがついてるんだけどね。ハンドルにはつけられん!マルチバーあるけどスクリーンが邪魔で無理。だからここに無理矢理固定。




    IMG_0768r.jpg
    点灯テスト
    まずはヘッドライトのみ(アイドリング状態)
    暗すぎてお話になりませんわw




    IMG_0770r.jpg
    ヘッドライト+LEDライトON
    おお、明るい。ヘッドライトも点いてるのが分からないくらいの存在感。でも写真で見ると大分違うな。実際はもっと明るく見えてる。
    が、照射がかなりスポット的だな。ダメじゃないけどもっと広角を所望する。




    IMG_0762r.jpg
    どうせこうなるだろうとスーパーワイドアングルレンズを一緒にGETしておいた。




    IMG_0772r.jpg
    ヘッドライト+スーパーワイドアングルレンズ
    ピンボケしたw これこれ、これっすよ。角度はもうちょい上げてもいいかな。LEDチップ一発だけでここまで明るいのは大したもんだ。あとは耐久性がどうだか。安かったから壊れてもまぁいいかだけど。




    IMG_0773r.jpg
    サブライトだけどこれはもうメインライトですな。取り急ぎ問題なのがめっちゃ眩しいという点。対向車からのパッシング必至。なんらかの対策をしてハイビーム域を殺さないと街中では実用出来ませんな。あと、キーOFFで消えるけどキーONでは点灯しないのでいちいち本体後部のスイッチを押さないといけないのが地味に面倒。


    それにしてもLED一発でこんなに明るいなら、超高輝度LEDが5~6発入ってるLEDワークライトにしたらどんだけ明るいんだろうと試したくなるな。カブの発電量は低いけど20Wくらいならイケんだろう。USB給電じゃなくなるだろうけど、こないだやったリレーの配線を駆使すればきっと出来る。問題は筆者のやる気だけ(笑)
    2016/12/23 Fri. 22:14 | trackback: 0 | コメント: 0edit