08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

    yochang official website

    CB600Fホーネットとリモコンジョグ96とカブ90

    カブ90DX:ツアラーからストリートへ 

    IMG_1132r.jpg
    先日の四国お遍路ツーリングを経て筆者の夢、カブでロングツーリング計画は無事達成されたわけだ。なんなら来年はカブで聖地北海道に行っちゃうかぁ!な~んて密かに目論んでいたものの、四国から帰ってからはこりゃ北海道は無理ゲー過ぎるなと痛感しました。流れは速いわ峠は長いわで、四国とは違った困難が予想される。うん、やめよう。北海道をカブで旅する人は何度も見かけたけど、もうすでに筆者の心は折れてますので無理です。いつか原付で行くという夢は捨てませんがね。




    IMG_1151r.jpg
    で、大変ながらく冬眠中だった怪物、超ウルトラ通勤爆速号リモジョグさんを起こしました。9ヶ月くらい寝てた割にはキック数発で目覚めた。おおいいね!機関良好♪ これからは街乗り通勤はバトンタッチでまた頑張ってもらいます。




    IMG_1150r.jpg
    と思ったら何やらFフォークの下が濡れている。ブレーキフルード漏れてーら!
    実は冬眠明けから何故かブレーキレバーがスッカスカで、マスターシリンダーを開けたらフルードが全く入ってませんでした。なんでや!と思いながらも一応新しいフルードを補充。その際キャリパーのブリーダーボルトが腐食で回せなかったので上から入れただけ。勿論エアー噛みまくりなので、ひたすらレバーにぎにぎで対処。とりあえずブレーキは使えるようにはなったけど、なるほどこれはピストンのオイルシールが死んでる可能性大。これは危なくて乗ってられない。




    リモジョグ関係は達人(このバイクの製作者)におまかせしているので、修理点検とついでに新たなカスタムもお願いしてみようと交渉中。なのでまた冬眠に入りますw








    IMG_1152r.jpg
    休めると思ったらまた稼動することになったカブですが、もうツアラーである必要もなくなったのでストリート仕様に変えていきます。とりあえずデカイ箱は下ろしてプレスカブキャリアも外してノーマルキャリアに。もはや荷物はロープで括るスタイル。




    IMG_1153r.jpg
    シートもノーマルのシングルに戻し。いや~やっぱノーマルはフカフカでいいね。




    IMG_1154r.jpg
    シングルシートだと足がインナーラックにぶつかるのでそれも外し。




    IMG_1155r.jpg
    秋田風防も取っ払い。一応まだ日帰りツーリングくらいはするかも知れないのでUSB電源とマルチバーは残っている。




    IMG_1156r.jpg
    スプロケとリアショックはそのままで。うーんすっきりしたなぁ。これでいつでも売れる
    前回磨いてから1年経っており、外見がすっきりしたことでまた持病の磨きたい症候群が発症しそうな衝動を禁じ得ない。








    IMG_1157r.jpg
    ちなみに今までまったく触れてこなかった古株のMarkRosa号なのですが、またちょくちょく乗るようになり、むしろ最近はバイクより自転車に乗ってる割合が大きい。
    そこでずっと気になってるのがこのグリップシフターとかいうクソ機構ですよ。やりづらいし回してる親指と人差し指の間が痛いんじゃ! そんでゴムカスも手につくしベタベタするし、ケンカ売っとんのかこのガキは。




    IMG_1159r.jpg
    ずっとムカついていたので、気分一新サムシフターに換えました。グリップの長さも変るので人間工学設計の握り心地良いヤツに。バイクと違ってチャリのパーツは安くて助かる。
    何気にカブにつけてたスマホホルダーはこっちに移植。




    IMG_1158r.jpg
    ブレーキシューもまだバリ山だったけど経年劣化してそうだし買ってもいくらもしないので新調。さすが、新品は制動力が違いますな。




    IMG_1160r.jpg
    にわかチャリダーは最近減量目的で自転車を走らせる事が増え、こないだ35kmのロングライドをしてみたら意外に普通に行けちゃったし、バイクツーリングとは違った楽しさに気付いてしまい、これはもしやロードバイクにステップアップもあるいは?・・・なんて血迷っている今日この頃であります。ま、今だけのマイブームだろうけど。
    スポンサーサイト
    2017/09/15 Fri. 20:38 | trackback: 0 | コメント: 4edit

    CB600F:袖ヶ浦FRW はじめてのWITH MEそうこうかい 

    IMG_1138r.jpg
    9/3に変態という名の紳士たちと行ってきました。袖ヶ浦フォレストレースウェイは初走行。台風が来てたんだけど上手いこと通過した後で朝から晴天。しかも暑くない。これ大事。




    IMG_1139r.jpg
    事前に参加者と車種がネットで観れてたんだけど、自分以外ほぼ全部フルカウルスポーツ。来てみりゃあかなりのトランポ率でこりゃドエライ所に来てしまった感がある(トランポ=ガチ勢)。しかも参加台数が満たなかったのか事前に言ってたクラス分けもなし。超遅い人と超速い人が混走するのは怖いんだよなぁ。

    ちなみに今回のお仲間はHP4とF4-1000S。4輪の方の仲間にNSXがひとり。2輪と4輪で20分交代で3本走るというもの。




    IMG_1142r.jpg
    WITH MEの走行会は初めて来たけど、ギャルおりますやん!今までこんな事なかったからおじさん達でれでれデレリーナですよ。あと丸山浩さん達は自分のYOUTUBEのチャンネルか何かの撮影をしておりました。もしかして見れるかも?




    今回もまたプロのカメラマンが撮ってくれているのだけど、写真を買わない限り写真に「コピー及び転載禁止」の文字が出てしまうため、おいそれとここに貼り付けられない事をご理解ください。買うと一番小さいサイズで1枚1620円とかアホかと。筆者は23枚ほど写っていたので37,260円ですねバカかよ。
    ちなみにこんな感じ(1枚だけ許してクレメンス・・・)




    IMG_1144r.jpg
    F4さんは安定のイタ車クオリティでした。オイルではなく冷却水だけど、この人の後ろ走るのヤダわぁ~(笑)




    IMG_1141r.jpg
    NSX氏は遠くからお越しのようでした。筆者もNSXを間近で見る機会がないもので、休憩中にPITでジロジロと舐め回すようにガン見しておきました。




    IMG_1145r.jpg
    袖ヶ浦はそれほど大きくも無い(1周2.4km)コースだけど基本4輪用のレイアウトらしいので、コース幅が広くアールも大きいからかなりスピード出ます。事前知識ゼロで挑んだのでラインがまぁ分からんです。複合コーナーとかもあってずっと高速でバンクしっぱなしなのは経験のない事で、さぞかし遅くて邪魔だったろうなぁ。




    IMG_1146rk.jpg
    唐突に、おっさんwith月中秋実チャソ




    IMG_1149r.jpg
    さて、あっという間に3本終わり。
    HP4@変態紳士は自走ながら25秒台で、45台中トップ10(1本目)に食い込むあたりさすがです。さすが変態。ちなみに袖ヶ浦を走るのは2回目だそう。ちっ、経験者か・・・


    F4さんは冷却水をお漏らししながらも28秒でフィニッシュ。


    筆者はチキン過ぎて30秒切れませんでした。1分31秒4でフィニッシュ。もう重々分かっていることなんだけど、トラウマによりフルブレーキングが出来ない身体になりました。いやもうブレーキングどころか所々ブレーキレバーすら握らないで惰性で曲がってました。コースがよく分からなかったのもあるけど、いや~さぞかし邪魔だったろうなぁ。




    午前中で全て終了したので中で昼飯食って解散。
    袖ヶ浦は慣れれば楽しそう。あと近くて高速が空いてれば1時間ちょいで着けるのが良い。ライセンス取ってフリー走行も出来るけど高いので、たまに走行会で走るに来るのがベストになるかな。




    今回の写真が見たいという人はここのリンクから飛んでください
    http://allsports.jp/event/00494555.html?sf=eid



    ---追伸---



    後日アグスタ氏が写真を奢ってくれました。なんということでしょう!



    21912938_842869439227581_818361877_n.jpg
    21769920_842869505894241_260851215_n.jpg
    21903526_842869459227579_1898559972_n.jpg


    2017/09/08 Fri. 19:00 | trackback: 0 | コメント: 5edit

    四国八十八箇所原付お遍路ツーリング DAY11~13終 最後の試練 

    DAY11


    今日で終わるはず。いや終わらせないといかん。だって明日の東京行きのフェリー予約しちゃたし。途中で帰るとか出来ない。ましてや寺を飛ばすとかもっての外。なにがなんでも今日中に全部廻りきる。
    体力に余裕があればね、お遍路のあと本州に渡って中国地方を廻って北九州からフェリーで帰るというエクストラツーリングをするつもりだった。けどもこの時来てた、いや来るのか来ないのかはっきりしない、進路に想い悩む超迷走台風5号くんがおりまして、毎日動向を見守っていたけどやっぱり来んのかーい!って事になりまして、こりゃ絶対無理と諦めもついたというわけ。




    AM8時、では出発。昨日おばちゃんに言われた通り、気合で80番まで廻っておいたので今日は楽になってると思う。(楽とはいってない)




    IMG_1111r.jpg
    81、82番と瀬戸内海を見晴らす快走ワインディング。今のところ身体の調子は良い方。朝はまだ元気。順調に83番も参拝し、84番屋島寺に向かっていた時、お遍路の旅最大の試練がやってくる。いったい何回試練を用意してるんでしょうか四国さんは。




    yashimaji_henromichi.jpg
    この屋島寺に続く屋島ドライブウェイ。2週間前から無料開放された。しかし125cc以下通行禁止。料金所で停められました。ここを通らなければ寺には行けない。これもバイクブーム時代の負の遺産なのでしょうか。高速道路でもなければ登れない坂でもない。理不尽。なんという不条理。じゃあ歩いていけないかと尋ねたところ、向こうに遍路みちがあるけど登山道でかなりキツイから、ことでん屋島駅まで行ってバイクを置いてバスに乗って寺まで行ってくれとのこと。・・・は?
    おいおいマジかよ・・・と渋々駅まで行ってバスを探すも、シャトルバスがよりにもよってこの日運休。うぉい!!!バイク無理!バス無理!詰んだ!!一番から頑張って全部廻ってきたのに、今ここでひとつ飛ばすことは出来ない。もう料金所でヒッチハイクするか!?とか動転してみるがあまり現実的ではない。ならしゃーない、行くしかないでしょう、歩いて遍路みち。最後にして最大の難所、ここに現る。




    IMG_1113r.jpg
    ぶっちゃけどこが遍路みちなのか分からないので、googleMapで一番寺近くまで伸びている道を探して行ってみると、どうやらそこが遍路みちだった模様。さぁここから登山道。最初は階段、後に急勾配の九十九折れ。もはやお遍路の正装は捨てて身軽な装備のみで登山開始。今日も猛暑、身体がだるい、喉痛い、頭痛い、熱もある、体調は最悪。脂汗やらもう何だか分からない汁がドバドバ出てくる。過酷。なんという峻烈。本当に行き倒れる予感がした。おれ、なんでこんなことやってるんだろう・・・

    そんな苦行の最中、筆者はついにこの言葉を発してしまう。








    ありがたい








    冗談でもネタでもなんでもなく、自然とこれを感じられただけでも今度のお遍路をやった甲斐はあったかな。歩き遍路さんの気持ちもちょっとだけ分かった気がします。Mだった筆者がドMになった瞬間でした。




    IMG_1114r.jpg
    そしてようやく84番屋島寺山門到着。もうびっしょびしょよ。命からがら辿り付いた境内には車で数分で到着したであろう涼しい顔した人たちで賑わっていました。この古い山門は登山道に通じているので、ここをくぐって来た人間は自分以外誰もいなかった。昔は皆ここを通って来たのだろう。そして当然また来た道を戻らなければいけないという無慈悲。いやーありがたい(白目)。




    IMG_1118r.jpg
    お昼は香川でどうしても外せなかった山田屋に寄る。大人気の老舗だし昼時なのである程度待つ覚悟はあったけど、ものの10分くらいで中に入れた。かなりラッキーといえる。




    IMG_1117r.jpg
    大変美味しゅうございました。・・・と思うやん?

    風邪で喉がやられてて味がよく分からんかったっていうw




    IMG_1121r.jpg
    午後3時ごろ、ついにラスボス88番大窪寺到着。
    最後の参拝も淡々とこなし、大師堂で最後の般若心経を読み終わり、これにて結願成就!




    IMG_1124r.jpg
    終わったどぉぉぉぉぁ!




    ここで特に祝福されるとかお接待があるとかはなく、ただただ粛々と帰っていくというもの。旅を共にしたこの菅笠は納経所にて供養してもらいました。




    IMG_1125r.jpg
    お遍路も終わったことだし、いっちょおみくじでも引いてみるかと。まーお遍路したからといって運勢が良くなるって訳じゃないんだよね・・・




    IMG_1126r.jpg
    本日のお宿は最後なので安宿はやめて、ちょっとだけ贅沢していつもの2倍のお値段払っちゃいました。もう明日の準備など何もないのですぐさまぶっ倒れる。寝汗もすごくて布団が寝小便レベルに濡れちゃって、布団と着替えが2セットあるツインルームで助かった。

    基本毎日1泊3000円台の宿なので2倍といってもたかが知れてるけどね。ちなみに3000円きってくると相部屋ゲストハウスになっちゃう。お遍路さんには無料の遍路小屋とか色々あったりするんだけど、屋根つきの相部屋キャンプみたいなもんなので、筆者もそこまで冒険はできない。




    走行 169km 8.5時間








    DAY12


    IMG_1131r.jpg
    フェリーに乗るだけなので余裕のAM10時出発。10時20分到着。四国1周して戻ってきました徳島港。旅の途中でみかけたバイカーやチャリダーも何人か一緒になった。フェリーは台風が接近しているので海が時化てて揺れがすごく風呂が閉鎖になるレベル。酔い止め飲んでても船酔いMAXで、あわやリバースというある意味最後の難所だった。


    思い返せば初日にゲリラ豪雨に遭った以外最後まで晴天に恵まれ、いやもう晴天過ぎるのもどうかと思ったよ。本当に本当に暑かった。過酷だった。ただもう終わってみれば笑い話か。ひとつ言えることは、もう二度と夏の四国には来ない!!

    だがしかし、行きたかったけど行けなかったスポットもある。例えば剣山スーパー林道は走れなかったし、こんぴらさんもスルーしてしまった。オフロードが走れるバイクに乗ったらまた四国に来ても良い。夏以外で。




    DAY13


    IMG_1132r.jpg
    有明港を朝6時に出発しガラガラの都内を快走、7時ごろ無事おうちに到着。カブ、お疲れっした!パンクすることもなく、故障もせず(箱は壊れたが)、懸念だった急坂にも立ち向かい、本当によく頑張ってくれた。さすがカブだぜ!これがもしホネ夫だったら坂は余裕で登るし自動車専用道路も走れたけど、極狭路で引っかかるし街中でクラッチ疲れるし、道間違えるとUターン大変だし、発熱量も多いから暑くて短パンにもなれないしで、やはりカブで正解だったと思う。てか四国のバイク乗りって9割カブで、うまいこと溶け込めたと思う。ホネ夫だと目立ちすぎる。




    IMG_1134r.jpg
    常にさらされ続けた手首だけ強烈な日焼けで腕輪してるみたいw

    とりあえず寝る。カブの洗車は元気になってからで。




    ー終ー




     四国八十八箇所原付お遍路ツーリング2017

     7/24~8/5 計13日間

     総走行距離 1873km

     使用燃料量 31.2L

     燃料費 4121円(←すご!)








    はい!長々とお付合いいただき、まことにありがとうございました。これにてお遍路の旅は終了・・・・・・って思ってるでしょ?終わってないんだよなぁ~。88番大窪時で結願成就したその次があるんですね。和歌山県は高野山奥の院までお礼参りです。それで満願成就となります。
    で、なるべく年内には行きたいところ。秋になるかなぁ~。他に行きたい所もあるので、またツーリングのプランを練っておこうと思います。あ、もうカブでは行きませんww もうやだwww
    2017/09/01 Fri. 19:00 | trackback: 0 | コメント: 4edit

    四国八十八箇所原付お遍路ツーリング DAY9~10 限界突破 

    DAY9


    世間は今日から8月。1年で一番暑い8月初旬前後に灼熱の四国ツーリングの日程を組んでしまうという失敗。なんでこうなったんでしょうね。ああ北海道に行ってれば・・・ いやあっちはあっちで雨ばっかりだったそうだけど。関東もずっと涼しいみたい。しかし四国は毎日もれなく猛暑日。猛暑じゃないな酷暑だな。




    AM9時出発。今日も暑い。予報で36度という数字が連日並んでいることにもはや麻痺してきた。36度といっても街中走ってるとアスファルトの照り返しやエンジンの熱気やら車の排ガスやなんやかんやで体感温度50度くらいいってんじゃねーのかと。地獄かな?これは。




    IMG_1069r.jpg
    52番太山寺からスタートし53、58、57、56、54、55、59、61、62、63、64、60と順不同だけど理想的なルーティングで進んだ。




    IMG_1070r.jpg
    53番円明寺で外人お遍路さんに英語で道を聞かれ、一応英語で説明するファインプレー。




    IMG_1075r.jpg
    55番南光坊は88箇所で唯一名前に寺がつかない寺だそうで。ふ~ん。




    IMG_1079r.jpg
    61番香園寺。これ、寺っすか!?この寺だけものすごい立派。きっと超強力なパトロンがいるんでしょう。




    IMG_1080r.jpg
    大師堂もこんな豪華な感じで、ここでお経とか読んでると坊さんになった気分でした。




    IMG_1084r.jpg
    本日最後の難所、60番横峯寺へは平野林道という有料道路で。まぁまぁハードだったけどこれまでの急坂に比べたらなんてことはない。ただ駐車場から境内までが長い坂で体力を持ってかれる。




    PM6時半、四国中央市の安宿に宿泊。もう身体がシンドくて寄り道もゼロで今日もひたすら坦々と巡拝した。とにかく暑さがヤバイ。眼球が燃える。日焼けもエライことになってる。風邪もますます悪化してて色々とヤヴァイ。過酷よ・・・ そして明日も暑いぞ。




    走行 181km 9.5時間








    DAY10


    AM8時出発。今日から四国最後のうどん県へ突入。




    IMG_1087r.jpg
    恐らく最後の難所、66番雲辺寺へはロープウェイがあるんですが勿論乗りません。またひたすら急坂を登ってきました。もうね、急坂が普通になってきた。あと今まで触れてこなかったけど、急坂なので登りがキツけりゃ下りも当然キツイ。むしろ危険度は断然下り。下るというより落っこちる感覚。ブレーキがフェードしそうだからFとRのブレーキを交互に使って下る感じ。




    IMG_1089r.jpg
    今日はなんかカラっとしてて風が気持ちが良い。終日こんな感じなら幸せなんだがなぁ。




    IMG_1092r.jpg
    昼飯にセルフのうどん屋に入った。徳島高知でもうどんを食べてきたが、やはり香川のうどんは全然違った。さすがうどん県。間違いない美味さ。そして安い。そこらじゅうにうどん屋があって、もっとゆっくりと堪能したいなぁ。




    IMG_1093r.jpg
    71番弥谷寺の階段がエグい




    IMG_1094r.jpg
    果てしない階段




    IMG_1095r.jpg
    終わらない階段。難所はまだ終わってなかったね。




    IMG_1102r.jpg
    午後3時半、もうフラフラ燃え尽きそう。77番道隆寺を本日のラストとする・・・




    IMG_1103r.jpg
    ・・・だったんだけど、外の売店のおばちゃんが冷たいお茶でも飲んでってと声をかけてくれ、これもお接待だろうから断らずに甘える。おばちゃんに南無大師遍照金剛。「今日はここまでで明日で終わりです!」・・・なんて話したら、おばちゃんが「それだとキツイよ。山あるから。もう宿を決めてるなら今日頑張って80番まで行ったほうが良いよ」と忠告される。




    IMG_1107r.jpg
    てことで界王拳5倍で限界突破、80番国分寺まで死力を尽くして廻りきった。元気な時でもキツイ1日16寺をこの体調で廻る修羅の道。あと17時で山門閉められちゃうので、16時55分にギリギリ参拝成功。もうね、ダッシュですよw 頭ガンガンするwww ウェーーイwww 死にそうなのに何故かハイテンション。これもうわかんねぇな。




    走行 162km 9.5時間


    もう一心不乱に巡拝してるから寺以外の写真がないっていう(笑)
    見てる人つまらんだろうな~
    2017/08/27 Sun. 19:00 | trackback: 0 | コメント: 11edit

    四国八十八箇所原付お遍路ツーリング DAY7~8 連続四国カルスト 

    DAY7


    IMG_1034r.jpg
    AM7時半出発。朝イチは足摺サニーラインから山中の県道で1時間くらい交通量ゼロの快走タイムから始まった。今日は39番からだけど1個飛ばして近い方の40番観自在寺からスタート。




    IMG_1039r.jpg
    ちゃんと39番に行ってからまた寄り道で四万十川沿いを北上。見えてきました、沈下橋。




    IMG_1041r.jpg
    沈下橋スポットは人が集まるので(夏休み中なので特に)、いくつかスルーしてようやく写真撮れそうなところでパシャリ。




    IMG_1040r.jpg
    撮ってて思ったんだけど、沈下橋は遠くから俯瞰で撮らないとイマイチ臨場感が出ないね。出来れば通過してるショットを俯瞰で誰かに撮って欲しい。




    IMG_1045r.jpg
    道の駅よって西土佐にて昼メシ。食べ終わってバイクの前でダラダラの汗を拭いていたところ、車のおっちゃんに話しけられカブの「川口」ナンバーの事からあれやこれやと話に華が咲き、「これお接待ね」と何か貰った。


    後で開けてみたら0.5k円硬貨が入ってました!マジかぁっ!!
    これはおっちゃんに南無大師遍照金剛。




    今日はさらに大きな寄り道があるため、サクっと41、42、43まで終わらせこの日のお遍路は終了。梼原まで峠道をひたすら登ります。これがまた辛い。今回の旅で一番過酷な峠越えでした。2時間近くずっと登り坂、ずっと1速でエンジン怒りの咆哮状態。いくら頑丈なカブとはいえ焼きつくんじゃね?とハラが胸々した。あと道中でお遍路さんの車がひっくり返っててレスキューされてました。写真は当然ないです。




    IMG_1047r.jpg
    姫鶴平に到着。この辺は四国カルストと呼ばれてるようですが、完全に雲の中に突入しちゃってるのでご覧の風景です。下界は灼熱地獄ですがここは天国通り越してブルブルしますわ。




    IMG_1048r.jpg
    カスルトっぽい風景がかろうじて確認出来る。俺ぁこんなんを見にあんな苦労して登ってきたんか・・・


    下りは快走そのもので、宝泉坊の温泉ロッジまで一気に走破。日焼けがまだバリバリにヒリヒリするけどせっかくの温泉なので気合でカバー。




    走行 321km 11時間


    めちゃくちゃ疲れたと思ったら300km以上走ってたのか。ファミコンは1日1時間、カブは1日200kmまでって高橋名人が言ってたっけなぁ・・・








    DAY8


    AM8時出発。朝イチの給油でスタンドのおばちゃんが端数をまけてくれた。これもある意味お接待なのか?一応ひと目でお遍路さんだということは認識出来るの格好なので、気をきかせてくれたのかも知れない。おばちゃんに南無大師遍照金剛。




    さて、昨日寄った四国カルストの風景があまりにも残念だったので、あれだけ必死コイて登って下った峠道を今日また登ります(笑)おれってアホやわ~。




    IMG_1053r.jpg
    はい、今日は文句なし。




    IMG_1054r.jpg
    しばしのんびりと散策して風景を堪能しました。かなりのタイムロスですけどね。




    IMG_1057r.jpg
    今日は44番大宝寺から。やっと半分きましたよ・・・




    IMG_1059r.jpg
    45番岩屋寺の階段がマジでハンパなかった。どこまで続くんだよ・・・ってくらいに。こういう難所もあるんだよな。昨日から度々顔を合わせるぽちゃ系の女性お遍路さんも階段キツすぎて参拝断念してた。カブの駐車場所も坂登り過ぎて、ブレーキかけてもズリズリ後退してしまう程の鬼急勾配で詰みそうになった。




    IMG_1062r.jpg
    今日も寄り道、石鎚スカイラインにGO。いやぁここの登りもハードだった。また1時間くらいじわじわ登って登って土小屋で昼飯。




    IMG_1061r.jpg
    カブの軍団に遭遇。だからどうって事もないけど。どうにかこうにかここまで辿り着いたけど、お目当ての瓶ヶ森という場所はまだまだ先。しかし雨雲レーダーを見ると今すぐ下山しないと豪雨に巻き込まれることが分かり、泣く泣く引き返し。


    というかもうガソリン残量がヤバくて、どの道引き返すのは確定だったようだ。ガソリンもガチのマジで無くなりそうで、下りは終始アクセルオフの超エコ運転。それでも途中でガックンガックンしだしてリザーブに。最寄のスタンドまで辿り着くも休みで詰みかける。超絶エコエコ運転でハラハラしながらようやく開いてるスタンドを発見。この時は嬉しかったよなぁ。ま、一応命の1Lとして携行缶忍ばせてるんだけどね。




    IMG_1067r.jpg
    夕方から6寺ハシゴして51番石手寺まで。しゃもじがあるのはすくう(救う)という意味からでしょうか。




    IMG_1068r.jpg
    過酷だった高知ラウンドが終わり、お遍路生活もついに愛媛入り。宿泊は道後温泉ではなく、松山市内の激安ビジホで1泊。




    走行 181km 10時間


    やはり登板区間が長い日だと実に燃費が悪く49km/L。66いく日もあれば49まで落ちる日もあり中々読めない。ただまぁ平均して60km/Lはいくかな。




    あと、最悪なことに体調が悪い。多分昨日からかな。喉をやられました。熱もあるので常備薬の風邪薬をこれから毎日飲むことに。夜はスポドリ飲んでトイレ行っての繰り返しで熟睡出来ない。毎日もれなく熱中症で休養日もないから疲労も溜まっているし、こうなるのは必然だったのかな。でもお遍路も半分以上きた、ここからは割と寺が密集しているので、あとはもう意地ですよ。
    2017/08/24 Thu. 20:15 | trackback: 0 | コメント: 0edit